ネットワークビジネスの特徴

ネットワークビジネスの基本構造

企業によって多少の差異はありますが、基本的な組織構造は、管理部門である「本部組織」と「ディストリビューターネットワーク」と呼ばれる販売網に分かれています。「本部組織」の役割は、商品開発、受注・発注管理、商品管理、物流管理、ディストリビューターの販売管理・報酬管理などです。実際の販売は、個人事業主である「ディストリビューター」にアウトソーシングしているため、本部組織は一般に比べスリムです。「ディストリビューターネットワーク」はディストリビューター同士のつながりである。

「ディストリビューター」の存在はネットワークビジネスの大きな特徴の一つですが、簡単に言うと「消費者でありかつ販売員」なのです。そして彼らの役割は大きく分けて3つあります。第一に、顧客として商品を消費すること。第二に、その愛用している商品を販売すること。第三に、顧客の中からディストリビューターを勧誘し、後援、指導することです。そして、その販売やリクルート活動は主にディストリビューターその人の友人や知人、つまり社会的ネットワークを利用して行われます。ディストリビューターは固定給がないのが普通ですが、その代わり、販売実績とディストリビューターの指導料の対価としてボーナスが支給されます。このボーナスが、ディストリビューターにとってネットワークを広げるメリットであり、原動力とも言えます。

ボーナス制度

では、この原動力ともいえるボーナスとは、いったいどんなものなのでしょうか。ネットワークビジネスは基本的に店舗を持ちません。そのため、家賃や人件費などの固定費を必要としません。また、クチコミを利用しているため広告は主に企業のイメージ広告等が中心となり、他の企業にくらべ広告費を低く抑えることができます。そして代理店を通さないので中間マージンや搬送費も発生しません。その分、浮いた経費を流通にかかわった人々つまりディストリビューターに還元しようと言うわけです。これがボーナス制度です。

このボーナスの配分方法は企業によって異なります。多くの場合は、自分自身の販売額だけでなく、自分が勧誘したディストリビューター全員の販売額に基づいて算出されます。そのため、ディストリビューターは、自分の販売額だけでなく、配下のディストリビューターをリクルートし、育成することに力を入れることになります。会社でも上司が部下に仕事を教えて育てますが、これは優秀な部下を育てて良い仕事をさせることが上司の評価につながるからですね。これがネットワークビジネスにおいては制度化され、もっと直接的な利害関係となるため、本当に親身になって教え、助け、自分と同等もしくは同等以上の販売員へと育てていきます。だからこそ、相互の成長・成功を喜び合うことができるのです。
このシステムこそがネットワークが急速に拡大した要因ともいえます。

クチコミという伝達力の威力

では、ネットワークビジネスではなぜこれほどまでにクチコミが広告にとって代わる伝達方法になっているのでしょうか。商品やサービスを購入する際、友人や知人の評判を参考にしている人も多いのではないでしょうか。大々的な広告がなくとも、クチコミからヒット商品が生まれる例も数多くあります。実際、「消費者がクチコミを情報源として信頼している」ことを示す社会調査も数多くあり、クチコミで何が流行っているかを探るテレビ番組までできているほどです。それではなぜクチコミが大きな影響力を持っているのでしょうか。以下の5つの理由が考えられます。

①情報過多
近年マスコミやインターネットの発達により、世の中には様々な情報が氾濫しています。特にインターネットでは誰でも情報が発信できる割に、情報の信憑性については特に問われません。その中から、自分にとって有益な、信頼に足る情報かどうかを取捨選択するのは難しいところです。
また、個人の情報処理能力には限界があるにもかかわらず、情報量だけが飛躍的に多くなっており、選定しきれない現実があります。

②相手についての情報
テレビや新聞・雑誌などのマスメディアでは、ある程度誰にでも受けそうな情報を流すため、必ずしも受け手にとって有意義とは限りません。しかし、クチコミなら、相手のことを知っているため、相手に適した情報を選んで伝えることができます。
また、聞き手にとっても、あらかじめ適切な情報を知っていそうな人を選ぶことができ、効率的に情報探索をすることができます。

③価値判断を有する
入手できる情報は肯定的な評価のものばかりでなく、否定的な評価のものもあります。望ましくないものを購入してしまうことは損失なので、その損失を回避させてくれるような情報も消費者にとって重要となります。

④社会的効用
自分が薦めた商品やサービスを相手が購入し、それで相手が満足してくれた場合、自分も満足感を得ることができます。他にも、相手から信頼されているという喜び、より関係が深まったという喜びも得ることができます。
逆に、クチコミで与えた情報によっては、自分と相手の関係が悪化する可能性もあるため、話し手は関係が壊れないようにより慎重に情報を提供するようになると考えられます。

⑤フェイスtoフェイス
言葉だけではなく、相手の表情や声の調子などがわかるため、より豊かなコミュニケーションがとりやすくなります。また、近年のデジタル化の反動として、人々は人肌のぬくもりを感じる生身の触れ合いを求めるようにもなりました。つまり、感動・出会い・触れ合いなどが人間関係のキーワードになってきたのです。
そして面白さや楽しさを瞬時に伝染させるおしゃべりは、男女問わず起きる現象です。これらのことからネットワークビジネスは、まさにクチコミ時代の寵児と言えるでしょう。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ