ネットワークビジネスの現状

今、会社、経済の変革期にあって、流通も混迷を深めてきています。流通が経済の中に占める比重は大です。平成14年2月の総務省労働力調査によると、就業者6248万人のうち、卸売、小売業、飲食店就業者は、1405万人と22%を占めています。また、個人消費は国内総支出の6割近くを占め、その動向は流通に多大な影響を及ぼします。

このことからも明らかなように、流通は消費、労働、金融、都市政策など、経済の様々な分野と深く関わっていることから、国会なので言われている構造改革の一つである流通改革ができない要因なのです。

もっと簡単に言うと、メーカーと消費者の間に介在する業者が22%占めているため、その業者をすべて無くしてしまうと、そこで生活をしている人々が生活出来なくなるという事実です。いわゆる1405万人が失業してしまうという事実です。しかしながら、メーカーと消費者の間に様々な業者が介在するということは、我々消費者の手元に届くまでに本来安価なものが高価なものに化けてしまうという事実もある訳です。
(図解「儲け」のカラクリ-知って得する原価の秘密 - 三笠書房より)

このことからメーカー側は消費者に安く提供する為には、いかに原価を安くするかという所に力を入れて、日々努力しているそうです。その結果、粗悪な製品が散在するという状態になってしまったのです。仮に高品質なものを作っても、現在の流通に乗せると、我々消費者の手元に届く頃には一般消費者ではとても購入できるような価格にはならないということです。だから高品質のものが作れないのではなく、「作・ら・な・い」ということだそうです。これが資本主義の原理原則みたいですね。

粗悪な製品が散在することを国民やマスコミは黙っているのか…。国民の多くはまだまだその事実を知らないでいます。しかし、マスコミはこの事実を知っているにもかかわらず、黙認しています。なぜ?大事なお客様だからです。テレビ局や雑誌社、広告代理店にとって、メーカーはたくさんの広告費を払ってくれます。だから、マスコミは事実を伝えないのです。そのため、国民の多くは知らないのです。

ネットワークビジネスの流通

究極の流通とは何だと思いますか?メーカーから直接消費者に商品が渡ることです。これが可能になることで、より高品質なものを消費者に提供することが出来るのです。なぜ?それは本来メーカーと消費者の間に介在する代理店業、中卸業、小売業、広告費などのマージンを研究費として回すことが出来るからです。さらに、消費者の反応がメーカーに伝わりやすいため、ニーズに合った商品開発ができます。

しかし、宣伝活動をしなければ消費者はその存在すら知ることが出来ません。それを可能にしたのが口コミという手法を用いることで、より高品質なものをより安く消費者に提供することが出来るようになりました。これが究極の流通なのです。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ