ビジネスとしての価値

ネットワークビジネスは、飛行機、携帯電話、インターネットなどと並ぶ20世紀最大の発明のひとつと言われています。たしかに既存の販売・流通・就労システムの常識や商習慣に囚われない斬新な「流通手法(経営組織)」が、このモノが余り、平成不況と呼ばれる厳しい時代にあっても広く受け入れられ、いまなお急成長・快進撃を続けています。それは、なぜなのでしょうか。

参加の自由

このビジネスへの参加条件は、資金、学歴、資格、経験、老若男女を問いません。また、定年もありませんので、高齢者でも生涯現役を貫き通すことができます。やりたいと思った時に始め、辞めたいと思った時に辞めれば良いのです。ただ、あくまでもビジネスなので学生の方や公務員の方の参加を制限している企業がほとんどです。そのあたりは事前に調べることが必要です。

また、参加の自由の中には「どのぐらい頑張るか」の自由も含まれます。主婦の方のちょっとしたアルバイト感覚でも、サラリーマンやOLのサイドビジネスとしても、脱サラして本格的な事業として取り組むことも可能です。誰からも強制されることなく、自分のライフスタイルに合わせてどこまで取り組むかを自由に選択できることが、このビジネスの最大の特性です。ビジネスに割くパワーも時間も自由です。そして、やり方も自由です。営業会社の場合、「月○本契約しろ」とか「一日に○件アポを入れろ」と指示されたりしますが、ネットワークビジネスの場合はそもそも上下関係が存在しないため、営業の仕方も自由となっています。製品を試してもらうやり方、とにかく話を聞いてもらうやり方など、自分の得意とするやり方で行なうことができます。

なお、ビジネスの関わり方は下記の5つに分類されます。

①愛用者になる
・ 会員から商品を正規の値段で購入する
・ 単なるユーザーのため報酬は発生しない
・ 商品が持つ魅力や効能を満喫できる

②会員(ディストリビューター)になる
・ 会員価格(卸売価格)で商品が直接購入ができる
・ 愛用者に正規の値段で小売すると差額が報酬になる
・ 会員を増やすとその会員の購入額に応じて報酬が発生する

③サイドビジネスとみなす
・ 愛用者を増やすことで自分の顧客層を形成する
・ 相手の意思を確認しながら会員を増やしていく
・ つきあいを重視し報酬は単なる結果と考える

④本業としてとらえる
・ 自己管理を徹底しビジネスマンと同じ報酬を目指す
・ 愛用者を増やし一定規模のマーケットを拡大する
・ ビジネス指向者を増やし組織の拡大に注力する

⑤事業として取り組む
・ 起業家精神を明確に持ってスタートする
・ 戦略的に事業計画を立て行動管理を徹底する
・ 自分を頂点とする組織の拡大・維持運営に全力を尽くす

ビジネスとして取り組むためには2~5を選択することになります。
その際にはどこまで目指すのか目標を設定し、時には修正しながら計画的に進むことが必要となってきます。

愛用しながら収入が得られる

メンバー登録した人は、商品の愛用者であるとともに、新たな愛用者を増やすことができます。

一般的なビジネスの営業シーンを想像してみてください。例えば商品が食品だった場合、自分で食べてみて「おいしいのでぜひ食べてみてください」とお勧めできますよね。でも、それが高額なオフィス機器や、高級車、高級マンションだった場合、なかなか自分で試すということができません。したがって営業の現場では「○○だからお勧めです」と言っても、それはあくまでも○○という商品特性から判断して、「良いだろう」という仮説に基づいたお勧めの言葉であって、本当に実際に試して良かったわけではありません。だからこそ言葉に説得力を持たせるために膨大な説明資料やおまけを用意したり、接待したりおべんちゃらを振りまいたりして契約してもらうのです。

その点、ネットワークビジネスではメンバー自身が愛用者ですから、商品の特性、使用感、他の商品との違いや優位性、正しい使い方を身をもって体験・学習しています。この体験に基づく商品情報が伝えられるので、相手はその商品が持つ本当の価値を理解することができます。つまり、実体験に裏づけされた商品価値の伝達が実現できるのです。逆に自分が使ってみて良さを感じられない商品を扱うビジネスはやらなければいいのです。

自分自身を磨く

ネットワークビジネスは8つの価値があります。

①人生を変えるビジネス教育がある
②仕事ではなくクワドラントを変える
③ビジネスオーナーのビジネスに手が届く
④金持ちと同じ投資が出来る
⑤自分の夢に向かって生きる
⑥ネットワークビジネスのちからを知る
⑦あなたの価値観があなたの現実を作る
⑧リーダーシップを開発する

その中でも一番重要なものはリーダーシップを開発することです。ネットワークビジネスは自分を中心として組織作りをすることになります。リーダーなくして組織はあり得ません。また、リーダーシップを開発することはBクワドラントの一番の資質を開発することでもあります。どのクワドラントにもリーダーはいます。だが、どのクワドラントでも、リーダーにならなければ成功出来ないわけではない…Bクワドラント以外は。Bクワドラントではリーダーシップのスキルは、なくてはならないものです。なぜなら、お金は一番良い商品やサービスのあるビジネスに行くのではない。お金は一番良いリーダーやマネージメントチームのいるところに流れていくからです。だから、自分を磨きリーダーシップの能力を身につける必要があります。

今まで何十年間か生きてきて色々な習慣が私たちの中に知らず知らずのうちに身に付いてきています。それは善き習慣にせよ、悪い習慣にせよです。ネットワークビジネスをやることによって、善き習慣をもっとより善いものにして、悪い習慣を取り除いてくれる訓練をしてくれます。これもBクワドラントの資質磨きに繋がります。この今までの習慣を変えることは皆さんの中ではかなり大変な作業なります。何故なら、何十年も積み重ねた習慣や考え方を捨てて一から新しい習慣や考え方を取り入れなければならないからです。しかも素晴らしいことに、自分の考え方や習慣がどんどん変わることによって収入もどんどん変化していきます。つまり、自分の大きさを変えることによって収入も大きくも小さくもなるということです。

ネットワービジネスの価値はBクワドラントに成る為の資質の教育が受けられる事です。しかも低予算で受けられます。通常何年もかけて自分が独自で試行錯誤を繰り返してBクワドラントの資質を培っていきます。しかも誰にも大ぴらに教えを請う事は出来ないです。教えを請うと、教えて貰った人に自分のアイデアが盗まれる可能性高いからです。

しかし、ネットワービジネスは違います。利害関係がないビジネスを先に始めて大成功した先輩方に無料で教えを請う事が出来ます。教えてもらえるどころかビジネスの手伝いをしてくれます。これは今までのビジネスではあり得ない事です足を引っ張る事はあっても手助けして貰う事は殆どないと思います。

ライフスタイルを変えられる

ネットワークビジネスである程度の収入を得られるようになれば、務めている会社を辞められます。そうすれば、時間の余裕ができ、さらなるビジネスアイデアを考えて実行する時間ができると言うわけです。会社を辞めることに大きな価値があるのでなく、そこから生まれる時間に再投資して収入を増やせる可能性に価値があるのです。

投資の環境も変わります。
同じ会社のある商品ファンドの利回りを比べてびっくりしました。同じ運用の仕方をしている商品でも。100万円一口と1000万円一口では利回りが大きく違いました。具体的に2003年3月の数字を見てみると、100万円のものは2,34%に対して、1000万円のものは6,33%でした。倍以上違うのは驚きです。やはり、多額の投資になればなるほど有利な投資になるというロバート・キヨサキ氏の考え方は日本でも顕在のようです。ネットワークビジネス、つまりBクワドラントのビジネスからくる収入は限界がなく、普通の人が今までできなかったお金持ちの投資ができるチャンスを与えくれます。Bクワドラントのビジネスからくる収入でIクワドラントの投資(大きい投資)をする。これこそがお金持ちがますますお金持ちになっていく「金持ち方程式」です。

主宰会社がメンバーをサポート

主宰会社の役割は、時代が求める商品を戦略的に開発したり、誰でも参加できるビジネスプランを確立すること、そして最新鋭コンピューターシステムを駆使した販売・勧誘活動に連動したメンバー管理をすることなどがありますが、最も大きな役割は迅速な商品配送を実現する戦略物流システム構築によりメンバーのビジネスを徹底支援していくことにあります。注文・在庫・配達・集金・入金・帳簿つけ・報酬支払いなどの雑務は、主宰会社がまとめて代行してくれます。主宰会社にとってはメンバーによる販売活動により広告もいらない、店舗もいらない、中間マージンなどもいらない直販方式をとれるため、流通コストを大幅に削減できるのですから、そのコストや労務をサポートに回せるわけです。このためメンバーは販売活動にまつわる煩雑な事務・雑務作業から開放されるだけでなく、新たなメンバー勧誘という本来のビジネス活動に注力できるようになっています。

ネットワーク型組織の利点

少し難しい話になりますが、組織社会学的にネットワークビジネスを検証してみましょう。経済的取引において財やサービスを自前で生産するのか、それとも市場から調達するのか、という区別をすることがあります。前者が組織内取引であり、後者が市場取引と言われます。

組織内取引においては、同じ組織の中で取引をするため融通が利き、その手に入れようとするものの情報も比較的容易に入手することができます。その反面、組織を維持するために膨大なコストがかかり、その大きさゆえ管理が非効率になる恐れがあります。また、その組織と言うのは、企業や官僚機構を見ても分かるようにピラミッド型階層構造になっています。そういう意味では、上下関係のある「タテ」の関係とも言えます。

これに対して市場取引は、必要な財やサービスをその都度市場から調達するため、組織の維持や管理へのコストは節約できます。しかし、最適なものを獲得できるかどうかというリスクを背負っています。加えて、財やサービスの質についての完全な情報が得られない可能性があります。市場は、基本的に上下関係がないため「ヨコ」の関係とも言えます。

これら組織でも市場でもない独自の原理にもとづいている組織間関係とも言えるのが、「ネットワーク的関係」です。ウォルター・パウエルによるとネットワーク的関係は、・当事者間の関係は信頼によって形成され維持されます。市場取引においては、契約によって明確に規定され、義務や権利の範囲も法的な拘束力によって画定されています。組織内取引においては、信頼関係が結ばれることがありますが、雇用関係や上下関係が前提としてあり、過去の慣習や約束事などに基づいたものになりがちです。信頼関係で形成されているため、ビジネス上で何か問題が起きた際には信頼を損ねないように、参加者は評判や名誉などを第一に考えて問題処理にあたります。これが市場取引の場合は法的な拘束力に訴えることが多く、組織内取引においては上司や権限上位者の命令や監督を通して処理されることが多いです。こういったことより、ネットワーク型組織においては当事者間の関係がオープンでありながら、相互の利益を増進していくような関係性を持つことができます。取引関係は比較的長期にわたるため、市場ほど日和見的な対応をすることができないからです。

また、組織に比べると過去の経緯や義理人情といったしがらみにとらわれることがないことも理由といえます。下記にそれぞれの取引についてまとめておきます。

組織内取引 市場取引 ネットワーク型組織
メリット 財やサービスを自分で調達するため融通が利きやすい 組織の維持・管理のコストが節約できる

デメリット 組織の維持・管理に膨大なコストがかかる 常に最適なモノを調達できるかわからない。財やサービスについて完全な情報が得られない可能性

当事者間の関係 契約(法的拘束力) 過去の慣習や約束事 信頼関係
問題発生時 法的拘束力に訴える 上位権限者の命令・監督により処理 双方の信頼を損ねないような問題処理

仲間の協力

先ほども触れましたが、そもそもネットワークビジネスにおいてはお互いの参加者が信頼関係により結びついているため、会社などの組織と比較して仲間の協力が得られやすいです。普通の会社ではみな自分の目の前の仕事で精一杯になって他人に構っていられなかったり、隣りの人のミスが自分の出世につながるようなライバル関係にあるため、同僚であっても仲間と呼べない状況も多々あります。しかしネットワークビジネス組織の根本にある考え方は「みんなで上にのぼっていこう」というようなものです。報酬のシステムとして協力関係が必要不可欠ということもありますが、「勝つ人」と「負ける人」が出てくるような仕組みになっていないため、競争したり他人を蹴落とす必要がないのです。

また、ネットワークで情報を伝達するため、どこでどんな形で人に伝わっていくかわからないため、「上司だけにいい顔をする」やり方ではやっていけないのです。

ネットワークビジネスのメリットとデメリットをまとめておきます。

メリット
消費者自身の判断でいつでも参加できる
愛用しながら収入が得られる
参加条件(資金・学歴・資格・経験・老若男女)が問われないので、誰でも参加できる
定年がない
好きな時間に好きなだけ働くことができる
ビジネスの進め方を自分で決められる
人に指図されない
商品をメンバー価格(卸値)で購入できる
注文、在庫管理、配達、集金などの煩雑な事務・雑務は本部がやってくれる
仲間に協力してもらえる
成果報酬制が画一化しており、不公平感がない

デメリット
一般的にまだ周知されていない
ねずみ講や悪徳マルチ商法に間違えられる
身近な人に紹介して断られた場合、気まづくなることもある

魔法のレバレッジ

中流以下の人は「ワーク」を探すけど、お金持ちは「ネットワーク」を探すか作り出す。これは「レバレッジ」つまりてこの力を活用したほうがより早く確実にお金持ちになれるということだと思います。今までの歴史の中では、「ネットワーク」のてこの力を使えるのが許されたのは、お金持ちだけでした。しかし現在では「ネットワークビジネス」によって、中流以下の方でも簡単に「レバレッジ」を活用できるようになったわけです。当たり前の話ですが、一人の仕事量は限界がありますが、たくさんの人やればたくさんの仕事量をこなせるわけです。これを報酬システムに組み込んだのが「ネットワークビジネス」なのです。

1人が2人から4人、つまり、たった2人増やしただけなのに4段目の全体では310人も増えています。これがレバレッジの効果なのです。1人が2人から4人、つまり、たった2人増やしただけなのに4段目の全体では310人も増えています。これがレバレッジの効果なのです。

1人が2人ずつ 1人が3人ずつ 1人が4人ずつ
各段階 全体 各段階 全体 各段階 全体
1段目 2 2 3 3 4 4
2段目 4 6 9 12 16 20
3段目 8 14 27 39 64 84
4段目 16 30 81 120 256 340

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ