悪徳な会社と落とし穴

ネットワークビジネスの会社は、広告宣伝費を必要としないため、わりと低資本で作ることができます。たくさんの会社が設立されるのですが、運営がうまくいかなかったり思うように売り上げが伸びずに倒産したり撤退に追い込まれる会社も少なくありません。

中には、素晴らしい会社もありますが、意図的に立ち上げ時期にお金を集めて数年でつぶしてしまおうという悪徳な会社もあるようです。ネットワークビジネスに参加する場合には充分に気をつけなくてはならないポイントだと言えます。

確かに、新しいテクノロジーを駆使した製品は魅力的ですし、新しい立ち上げ段階から参画したほうが成果が上がるように思えます。でも、私個人的な考えとしては、ある程度の歴史と実績がある会社のほうが、安心してビジネスに打ちこめると考えます。

ある程度の歴史とはどのくらいか?10年20年は継続している会社は、やはり市場も認めていると思われます。市場が製品を認めている。ビジネスも求められている。その目安が、10年か20年くらいと思います。

経営者の姿勢も重要なポイントと言えます。昨今、ネットワークビジネスの会社がニュースを賑わせています。ディストリビューターの法律違反な活動もそうですが、会長が脱税で実刑判決とか、社長が大麻で捕まるなどの経営陣やトップの不祥事も多く目立ちます。

このように、経営者の経営理念や会社の方向性などもチェックする重要な要素でしょう。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ