コールドマーケット8

コールドマーケット8

ツールの活用

知らない人に声をかける時に大切なポイントは、いかにして相手に興味をもってもらうか?です。

ただ知り合うよりも、相手に何らかの形で興味を持ってもらって知り合ったほうがその後の展開がスムーズです。

相手に興味を持ってもらうには、どのくらい惹きつけたかによります。僕の場合は、相手を惹きつけるために名刺を活用する場合があります。

僕はスポーツクラブに日中通っています。昼間からスポーツクラブに来ている男性はほとんどいません。主婦の方ばかりだからです。

昼間にスポーツクラブで運動している男性は目立ちます。僕はよく主婦の方とお友達になるのですがたいてい「仕事は何やってるの?」と聞かれます。

以前は、「販売代理店なので時間が自由です」と答えていました。これではダメです。何の惹きつけもありません。

そこで、考えました。名刺の活用です。名刺を活用すると良いです。多くを語る必要がありません。惹きつけがある社名とか肩書にしておけば渡すだけで惹きつけられます。

僕はいくつかの名刺を持っていますが、スポーツクラブで新しく知り合った人に渡す専用の名刺を持っています。その肩書は、

「若返り研究家」です。

スポーツクラブに通っている人たちは健康維持やダイエットに興味ある人たちです。もし、自分が扱っているネットワークビジネスの製品がそれらのニーズに答えられるものでしたら、若返り研究家などの肩書は面白いです。

この名刺を渡すと必ず「何これ?」と相手から質問されます。そうすると次の展開がスムーズになります。なぜなら相手から質問されたからです。これは相手を惹きつけたからそのような質問をされたというわけです。

質問されたら答えればいいのですが、ストレートには答えません。僕の場合は少し焦らします。

「えっ、そんなにキレイなので若返りなんて興味あるんですか?」こんな感じです。

相手はほとんど30代か40代の主婦ですから、

「興味あるに決まっているじゃないの」と言われます。

これでさらに伝えやすくなったわけです。

「必要ないかもしれませんが・・・・・・」と伝えればいいのです。または体験デモなどにお誘いすればいいのです。

相手も興味ある。こちらも情報を伝えたい。お互いに必要としている状態です。

これが僕が目指すWIN−WINのネットワークビジネスになる伝え方なのです。

このようにして、自分の伝えたい情報に合わせた惹きつけのある名刺を準備しておくと、とても優れたツールとなります。

あなたのネットワークビジネスや製品に合わせた惹きつけのある肩書の名刺を作ってみてください。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ