ホットマーケット1

ホットマーケット1

ホットマーケットは自分から見て一番近い人脈です。つまり親、兄弟、親戚の方たちのことです。

ネットワークビジネスを始めると一番はじめにやる作業にリストアップがあります。そのリストアップしていると最初のほうに出てくる人たちです。

ホットマーケットの人たちに最初の伝えるかどうかの順番については別のページでお伝えするとして、ここではホットマーケットに伝える時のマインドなどについてお話します。

ホットマーケットを伝える時のマインドは、すばり、

「協力のお願い」というスタンスです。

家族や身内の人たちに対して、売り込むとか営業するというマインドではないということです。

例えば、自分の仕事がネットワークビジネス以外の営業職だったとしましょう。仮にトヨタの営業マンとします。

もし、自分の親御さんが車を買い替える時には、自分が一生懸命に仕事をしているトヨタ車を自分から買ってもらいたいと思いませんか?

親子の人間関係が普通の関係でしたら、親御さんからみても子供が一生懸命仕事をしていたらそこから買い替えたいと思うでしょう。

ただし、営業の仕事をいい加減にやっていたら親御さんもそれを見抜いて協力してくれないかもしれません。

でも、新卒とかで右も左もわからないのに汗水流して頑張って仕事をしていたら、協力いたいと思うのは当然でしょう。

協力のお願いのスタンスで伝える時のポイントは、まず一番はじめに伝えることは、やる理由を伝えます。

なぜ、今回本気でネットワークビジネスを取り組むのか?ということを伝えます。このやる理由をマイストーリーと言います。

普通に生活をしているのに特にネットワークビジネスをやる必要はありません。より豊かなライフスタイルを手にいれるためと、夢を叶えるためとか、将来が不安だからなどです。

必ず理由があるはずです。

次に、具体的に何を協力して欲しいのか伝えます。「だから、これを使ってほしい」とか「これを試して欲しい」などです。

それから、製品の優位性を伝えます。体験させてあげてもわかりやすいかもしれません。

まとめると、

1. やる理由を伝える
2.協力して欲しいと言う
3.製品について伝える

問題は、断られた時どうするか?です。これについては次回お話します。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ