ホットマーケット2

ホットマーケット2

断られた時にどうするか?

ホットマーケットの人たち、親、兄弟、親戚の人たちに断られた時にどうするか?

これは別にホットマーケットの人たちに断られた時に限ったことではありません。ウォームマーケットの人たちやコールドマーケットの人たちに断られた時にも同じことが言えます。

ネットワークビジネスの合理性や合法なこと。取り組んでいる会社の実績や将来性。製品の優位性などをさらに勉強して語ってはいけません。

製品知識を勉強することは悪いことではありません。製品の確信を深める点では重要な勉強です。絶対にやったほうがいいです。

でも、特にホットマーケットの人たちに断れた時に語ることでなないということなのです。

製品も使っていないのに断られたということは、ずばり、あなたが持っていったから断られたということなのです。

使っていない製品についてノーは言えません。でももしかしたら今まで相手との人間関係において、もしかしたら自分の都合のよい時だけ連絡して協力をお願いしてきたようなそんな希薄な人間関係だったかもしれません。

または、今までの人生の中で飽きっぽい性格で迷惑をかけていたかもしれません。僕の場合、最初親に反対されたのはこれが原因でした。

自分かノーということは、製品や会社を一生懸命に勉強して伝え直すのではなくて、自分の非を認めて、よくなかったなと思うところがあればそこを改善することが重要なのです。

僕の場合は飽きっぽい性格でしたので、それを直すことが大事だと思いました。今回のネットワークビジネスは絶対にあきらめない。やめない、と決意しました。

そうして頑張ってビジネス活動をしていく中で、数ヶ月後に理解してくれて協力してもらいました。

断られた時にどうするか?

このあたりに自分を磨き高めて成功するためのヒントがたくさん隠されている気がします。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ