お茶をネットワークビジネスに乗せて販売する

商品の流通過程においては、生産者=>卸売り=>小売り=>消費者 というモデルがあります。

流通の効率化の過程で卸売り業は廃れるという考え方がありました(問屋無用論)。

しかし営業効率・販売効率・保管効率・決算効率その他の理由で、卸売業がなくなることはありませんでした。

つまり小売業が100のメーカーの商品を売ると、メーカー営業マンとの対応・仕入・大量保管・決済を100社分行わなくてはならず、むしろ卸売り業が介在することで取引総数を減らすメリットがあり、結局は一見非効率に見える卸売業は、むしろ流通上大切な役割を負っていることが分かります。

しかし現代はインターネット、すなわちネットワークビジネスの時代です。

小規模のお茶メーカーが既存の流通過程に商品を乗せていくより、ホームページで集客して販売すれば、消費者と直結できます。

鮮度・価格において優位に立ちます。

ネットワークビジネスの強みは、強力な商社などを介すことがないので、大メーカーと対等に営業ができます。

むしろ小規模のお茶メーカーならフットワークが良くなって、消費者に最短時間で届けられます。

確かにコンビニのような業態では既存の流通モデルに乗ったまま速さを競えますが、ネットワークビジネスでは店舗すら不要なのが強みです。

お茶という商品は、それぞれに生産地において普及品から最高級品まで多数取り揃えているので、ネットワークビジネスにより既存の流通を飛び越えるにもってこいの商品なのです。

嗜好品としてお茶は最も有力な商品であり、流通量が低下する心配はありません。

むしろネットワークビジネスにより新たな消費者を獲得できる可能性もあります。

介在するのは宅配便業者だけなので、お茶メーカーは商品を翌日届けることができます。

問屋無用論が唱えられて50年、今のところネットワークビジネスだけがこの論を実現させています。

お茶のような嗜好品は特に優勢になります。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ