本業として取り組む

ネットワークビジネスは、最初はサイドビジネスとして取り組んでいたとしても、成果が出て収入が上がってくると、元々本業の仕事を辞めてネットワークビジネスが本業になる人もいます。

ネットワークビジネスを本業にする時に気を付けなければならないポイントがあります。まず、時間管理です。ネットワークビジネスは個人事業主です。つまり自分が社長で社員の1人2役です。自分の行動をきちんと管理していかないと、気が付いてみたら月末なんてことがよくあります。

自分の時間をきちんと管理していくには、時間管理のスキルとツールが必要です。時間管理のスキルとツールについては、別のページで詳しく書いていきます。

もう一つ気をつけなくてならないポイントは、経費です。ネットワークビジネスの母体の主催会社から振り込まれるコミッションの額は正確な収入ではありません。そこから経費を全て引いた額が、正確なあなたの収入になります。

ネットワークビジネスをやっていると、見えない経費がドンドン出ていきます。ミーティングをカフェで行った時のお茶代、セミナーやトレーニング参加費、交通費等々、使った経費をきちんと把握して記録しておく必要があります。場合によっては領収書やレシートを保管しておいて、経費として計上します。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ