ネットワークビジネスで成功するために必要な4つの確信

ネットワークビジネスで成功するために必要な4つの確信

ネットワークビジネスを仕事として始めるためには、自信や確信がなければ人に伝えることはできません。

逆に、もし確信が十分あれば、勝手に人に話したくなります。極端な話、行動が自然になるので苦労しなくても伝えられるのです。

例えば、おいしいラーメン屋さんを見つけたときのことをイメージしてください。

つい、友達に教えたくなりませんか?それと同じです。自分が、そのものの良さを知っていれば、自然に伝えてしまうのです。では、ネットワークビジネスで成功するためには、何についての自信と確信を得る必要なのでしょうか?以下の4つの確信です。


【成功するための4つの確信】
1.職業に対する確信
2.会社に対する確信
3.製品に対する確信
4.自分に対する確信


伝え方のうまいへたはあまり関係ありません。自分がその製品などに感動して確信があると伝わります。どう伝えるかよりも、感動があれば自然に伝わるのです。

相手に理解させても人は動きません。世の中に理動という言葉ありません。理解させるのではなく、感させることで相手が動くのです。感動させなければ人は動かないのです。


具体的にどうすれば、自信と確信が得られるか?

1.知識を得て、納得する。
2.体験して、良さを体感する。
3.他人の体験を仕入れる

これらを、スピーディーに行ってください。

よくアップラインが「セミナーに参加したほうがいい」とか「資料を見たほうが良いよ」というのは、ただ単にあなたにセミナーに参加してもらいたいからではありません。

あなたが、少しでも早く、4つの確信を得られるようになるためにオススメしているのです。なぜなら、自信と確信を持っていれば、無理せずに自然に伝わるからです。つまり、あなたがビジネス活動をしていくうえで、最大の武器になるのです。

以下4つの確信について解説していきます。


1.職業に対する確信
ネットワークビジネスとは1つの流通の形です。

スーパーマーケットやコンビニ、カタログ通販やインターネット通販など流通形態のカタチの1つで、ダイレクト通販とも呼ばれます。

一般の流通は、広告宣伝費や流通コストがかかって消費者に届く。ネットワークビジネスの場合は、広告宣伝費や流通経費が低く抑えられる分を、口コミ宣伝費や高品質の製品で消費者にその分を還元しています。

ネットワークビジネスに関して、よくある質問が二つあります。

「そんなに素晴らしい製品なら、なぜ、テレビでCMしていないのか?」というのがあります。

例えば、某大手化粧品メーカーのCMに出演していたハリウッド女優(シャロン・ストーン)のギャラは推定で40億円といわれています。つまり、少なくても売り上げ40億円が上がるまでは、その女優のギャラとして支払われます。

もう一つよくある質問です。「そんなに素晴らしい製品だったら、なぜスーパーやコンビニで売っていないの?」

店舗で売っているものの場合単純に考えると、商品の値段の中に地代や家賃などのコストも入っているのです。仮に、価格がまったく同じ製品で、地代も家賃もかからずに流通コストも最小限に抑えられて、直接、消費者の手に渡る製品と、通常のCMして大問屋→問屋→小売店とか流通輸送コストをかける製品とでは、どちらが製造原価にお金がかけられるでしょうか。

ねずみ講やマルチ商法との区別

ねずみ講と悪徳マルチとネットワークビジネスは似ている部分があるために、いまだに誤解している人がいます。どこが似ているのか?口コミで広がり、組織がピラミッド状にできるところですね。

では、なぜ誤解されるのか?理由は以下の5つです。

1.過去に悪徳な連中が参加し、多くの被害者を出し社会問題を引き起こした。
2.仕組みがねずみ講やマルチまがい商法によく似ている
3.成功者に対するやっかみ、人間関係のこじれによる内部告発
4.人材確保のための同業者の足の引っ張り合い
5.マスコミと既存業界からのつぶし

ねずみ講は、商品やサービスが介在せず、入会金を払って後は人を誘うだけで次々と子や孫から収入が入ってくる金銭配当の仕組みです。1978年に無限連鎖講防止法により法律で厳しく禁止されています。日本では天下一家の会が最初で最後と言われています。

マルチ商法、マルチまがい商法とは、人を勧誘するだけで儲かるともちかけ入会金を取ったり、資格やランクを取るだけで後は何もしなくても収入になるなどと言って、多額の在庫を持たせたり、クレジット契約させる商法。

ネットワークビジネスはただの道具です。

車でも刃ものでも、薬でもどんなものでも本来の目的は人々の生活を向上し、便利で豊かにする道具である。しかし、使い方によっては他人を傷つける凶器にもなる。道具にはすべてニ面性があるのです。

例えば、車は便利な移動手段にもなりますが、交通事故の元凶にもなります。刃物は、おいしい料理を作ったり手術のメスになりますが、人を殺すドスにもなります。

ネットワークビジネスは、人々の生活を豊かにする手段ですが、悪徳商法は被害者を続出させてしまいます。

ネットワークビジネスの社会の認知度
最近ネットワークビジネスのことが本や雑誌で紹介されています。80年代から90年代半ばまでは、週刊誌を中心にたたかれていましたが、最近では、経済誌やベストセラーの本の中で肯定的に取り上げられています。例えば、週刊エコノミスト、国会ニュース、東洋経済、金持ち父さん貧乏父さん、ユダヤ人大富豪の教え、実践億万長者入門などなどたくさんあります。

ロバート・キヨサキ著の「金持ち父さん貧乏父さん」の中では、個人的なフランチャイズビジネスで、教育プログラムはビジネスオーナーとして成功するための二つの能力、①拒絶の恐怖を克服する方法と②人のリーダーになる方法が学べる。オススメする組織は、①実績があり長年にわたって機能している組織。②信じ信頼できる人とビジネスチャンス。③人間として成長、自信を持つことができる長期的な教育プログラムの存在。④良き師による教育プログラム。⑤尊敬でき一緒にいて楽しく思える仲間。

本田健著「ユダヤ人大富豪の教え」の中でも、個人が商品の販売網を広げて、その流通した金額に応じて収入が入るシステム。時代の流れが個人に向かっているから、今後日本でも増えていくだろう。なぜか、それは21世紀が個人の時代だからです。


2.会社に対する絶対の確信
あなたが携わるネットワークビジネス会社についての確信も重要です。会社の信用度や社会的貢献度などを調べておいてください。

どのような分野の製品を扱っているのか?どこの国に展開しているのか?さらに報酬プランも理解してすべての人が得するしくみになっているか確認してください。

愛用者は、高品質な製品を使ってうれしい。ビジネスとして活動しているディストリビューターは、月々数万円の収入からサラリーマンでは得られないほどの収入と時間を得てうれしい。

シンプルなシステムについても確認してください。私たちのやることは、シンプルに情報を伝えるだけです。受注、配送、集金などは専門業者がやってくれる。これが自動化されたシステムが理想です。


3.製品に対する確信
ブランドチェンジしてスーパー愛用者になることが最も大切です。

まず、自分自身が製品を使ってください。そして、高品質な製品の良さを体験を通して知ってください。

その方法は、ブランドチェンジをして徹底的に製品を使いまくりスーパー愛用者になることなのです。スーパー愛用者になって、製品をほれまくることが重要なのです。

そして、製品知識をトレーニングや資料で勉強してください。さらに他の人の体験談を仕入れてください。

スーパー愛用者になるためのコツはこちらをご覧ください


4.自分に対する確信
自分自身の可能性

誰もが成功する可能性を持っています。最初からできる人は誰一人としていないことを自分にクロージングしてください。成果が出るか出ないかは、能力の差ではありません。人間である以上、すべての人が潜在的に可能性を持っています。

今成功していないのは、持っている潜在能力を使っていないのです。使うための方法は二つしかありません。繰り返し反復したか、または使わざる得ない状況にいたかです。つまり、どのくらい繰り返し反復したのかと、目標設定がポイントなのです。

ネットワークビジネスの価値
ネットワークビジネスの価値は、単にお金儲けの手段や権利的収入を手に入れるために手段ではありません。

もちろん、豊かな経済、時間、仲間などを手に入れることができる手段ということは事実です。そしてさらに、今まで自然のうちに身に付けてしまった役に立たない習慣、思考パターン、行動パターンを手放して、成功するための習慣を身に付ける環境、きっかけがあります。

今までとは違う習慣を身に付けるから、今までとは違う結果、成果、人生を作ることができるのです。

成功とは
成功の反対は?失敗と答える人がたくさんいますが、本当にそうでしょうか?成功の反対は、失敗も成功も何もないただの平凡です。

つまり、挑戦しなかった、行動しなかったということです。目標、目的を達成させるためにそれに向かって行動した結果において、たまたま成功したとか失敗したという現象があるのです。

失敗とは
失敗というのは、行動した結果です。よく失敗を恐れて、行動できない人がいます。もちろん失敗はイヤですから怖いのも事実です。でもよく考えてください。失敗は行動した結果ですから、少なくても目標、目的を達成させるために行動した証拠です。

失敗がなぜ起きたのかを反省するのではなく、分析して失敗した原因を探る。因果の因を見つけて次の行動に活かしていく。この繰り返しの中で実力が身に付き、結果として成果が上がってくるのです。ですから、どんどん失敗をしましょう。そして分析です。失敗を承認することが当たり前になりましょう。


【成功するための4つの確信】
1.職業に対する確信
2.会社に対する確信
3.製品に対する確信
4.自分に対する確信


これら4つの確信を深めることは、ネットワークビジネスで成功するためには重要なことです。グループの仲間と協力してこれらの確信を深める環境を作り出しましょう。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ