ネットワークビジネスはまだやるな

ネットワークビジネスはまだやるな!始める前にやるべき7つの項目

ネットワークビジネスでサインアップするとすぐに行動してくださいと言われます。

「ビジネスチャンスは今」
「すぐ伝えないと他の人が先に伝えちゃう」

などと、すぐに行動をしたほうがいいように言われます。確かに行動は遅いより速いほうがいいです。早いほうがいいですが、ビジネスを本格的にスタートする前にやるべきことがあります。

どのような仕事にも研修があります。その仕事を上手にこなせるようにコツや手順を教わるわけです。新人研修などとも言います。

ネットワークビジネスでは、この新人研修のようなものがありません。グループで独自に新人研修を作り新しいディストリビューターを教育していることもあります。

ネットワークビジネスの新人研修を、NDTと呼びます。ニューディストリビュータートレーニングの略です。

今日は、私がNDTの内容で大事だと思う要素を7つピックアップしてお話しいたします。すでにネットワークビジネスを始めている方もぜひチェックして頂きたい項目です。


【ネットワークビジネス新人研修、NDT】
1.登録する
2.ブランドチェンジする
3.目的と目標を明確にする
4.トレーニングを受ける
5.リストアップする
6.準備する
7.行動計画を立てる


1.登録する
まず、ネットワークビジネス会社のディストリビューターに登録しないとビジネスをスタートすることができません。

各社、各グループで開催されている事業説明会やセミナーに参加して、事業内容や製品、報酬プランなど会社の概要やビジネスのスシテムなどを充分確認して納得の上登録してください。

登録費用は、無料から数千円と安めの設定となっています。これはネットワークビジネスのネリットの一つで初期の負担額が少なくてビジネスがスタートしやすくなっています。

ネットワークビジネスの会社によっては、製品を卸価格で買えるだけでビジネスを始められる権利がない会員種別もあります。ビジネスを始める可能性があればビジネスを始める権利も含めた会員種別で登録しましょう。

ビジネスメンバーを通常、ディストリビューターと呼びます。


2.ブランドチェンジする
ネットークビジネスを行う上で最も大切なのは、あなた自身がそこで扱う製品を気に入って使っていることです。つまり愛用者になっていることです。

なぜなら、ネットワークビジネスは口コミです。営業ではありません。体験談として口コミで広がるのがネットワークビジネスです。

口コミと営業違いは、口コミは実際に使った体験談で自分が気に入ってなければ伝えられません。営業は、仕事としての行為ですから、気に入っている物を扱うのが理想ですが、そうでな物も売らなくてはならない時もありえるわけです。

ネットワークビジネスは、製品を実際に使っていて自分自身が気に入っていることが前提となります。

製品を気に入って使っているということは、愛用者になっている状態です。一時的な消費者ではなくて、使い続けている愛用者です。


3.目的と目標を明確にする
ネットワークビジネスは極端な話、やらなくても良い仕事です。さらに言えば、ビジネスをスタートする時にかかる費用が安くてすみます。金銭的なリスクがないのです。

ですから、少しうまくいかなかっただけで簡単にあきらめてやめる人が多いです。

そのような障害を乗り越えて、ネットワークビジネスをやり続けて成果をだすには、行動し続けるためのモチベーションが必要です。

モチベーション維持については詳しくこちらに書きましたのでご覧ください。

モチベーションを維持するためには、それなりの目的が必要です。つまり、ネットワークビジネスをやる理由です。

別名、マイストーリーとも言います。いまネットワークビジネスを真剣に取り組むのはなぜか?その理由です。このマイストーリーを明確にすることは、ネットワークビジネスをスタートする前に明確にするこがとても大事です。

なぜなら、自分自身に対してなぜネットワークビジネスをやるのか改めて確認することも大事ですし、これから誰かにお伝えする時に「なぜ」ネットワークビジネスをやるのかを伝えてから、ビジネスチャンスとか製品について伝えたほうが伝わりやすいからです。

目標も明確にします。

目標は大きくわけて2種類あります。1つは、収入やタイトルの目標です。もう1つは、何が欲しいのか?です。

収入が増えたら何が欲しいのか?どこに遊びに行きたいのか?などです。これらの目標も明確にします。

目標設定の具体的なやり方は、こちらのほうに詳しくまとめておきました。こちらをご覧ください。

4.トレーニングを受ける
ネットワークビジネスをスタートする前にそれなりのトレーニングを受ける事はとてもだ時です。

なぜなら、ほとんどの人は、ネットワークビジネス未経験者だからです。もしくは、過去に挫折経験のある人です。

世の中のあらゆる職業にはそれなりのトレーニングがあります。医者であれば医学部で学びます。美容師として腹楽にも美容学校で学んで、就職しても夜遅くまで閉店後のお店でトレーニンングしています。

それにも関わらず、ネットワークビジネスの専門のトレーニングは少ないかもしれません。グループ独自にトレーニングを作ってメンバーを教育しているのが普通です。

あなたが所属したネットワークビジネスの会社やグループでどのようなトレーニングがあるのか紹介者やアップラインに確認してください。グループのスケジュール表を手に入れて確認してみましょう。

そしてオススメのトレーニングやトレーニングを受ける順番を聞いて実際にトレーニングを受けてください。

5.リストアップする
実際に伝える相手のリストを作ることをリストアップすると言います。

人脈には大きく分けて3つあります。家族兄弟親類など身近な人たちをホットマーケット。友人知人などをウォームマーケット。今は知らない人たちをコールドマーケットと呼びます。

ホットマーケットとウォームマーケットの人たちをリスト(表)に書き出します。まず名前を書いて、年齢、住んでいる地域、職業、興味、趣味など、その人についてわかる情報を書き込みます。

リストアップは2通りのやり方があります。先ほどお話した、表に書きこんでいくやり方。パソコンでしたらエクセルなどの表計算ソフトが便利です。

もう1つのやり方は、マインドマップ形式です。白紙を横に使います。紙の中央に自分の名前を書いてそれから放射状に枝を出してカテゴリを書きます。

カテゴリと言うのは、例えば、小学校とか中学、高校、大学、現在の職場など、今までの自分の人生の中で自分が属していたカテゴリです。

さらにカテゴリから枝を出して、そのカテゴリに属する人の名前を放射状に書いていきます。放射状に書いたほうが、容易に思い出せてどんどん書きだせると言われています。

どちらの方式でも構いません。あなたのやり易いほうを選んでリストアップしてください。リストアップはその後定期的に更新します。

さらに、ネットワークビジネス活動をしていく中で、伝えた相手の反応に応じて、どのくらいの期間を置いてまた連絡するかなどの備考欄にメモしておくと便利です。


6.準備する
リストアップが完了したら、実際のビジネス活動に必要に物を準備します。

各ネットワークビジネス会社や各グループによって準備するものは変わってくるかと思いますが、ここでは私の経験で必要な物をピックアップしてみました。

・ビジネスにふさわしい服装と髪型
・関連書籍 お薦めの本
・トレーニング用の音声、DVD、動画など
・プレゼンテーション用の資料
・プレゼンテーション用の機器 必要であれば
・携帯電話、スマホ
・名刺
・時間管理プランナー
・携帯電話、スマホに会社やアップラインの番号を登録する


7.行動計画を立てる
あなたが取り組んでいるネットワークビジネス会社やグループのイベントを優先順位の高い順に時間管理プランナーやグーグルカレンダーなどに記入します。

時間管理のコツで詳しくお話しますが、時間管理のコツの一つで優先順位の高い順番にスケジューリングしていきます。

ネットワークビジネスの場合、コンベンションなどが最も優先順位が高いイベントとなります。それから全体で集まる表彰式やラリーでその次は事業説明会やトレーニングなどとなるでしょう。

具体的なイベントの優先順位の順番はアップラインに確認してください。イベントが入らない所に個人的なアポイントを入れていきます。このように行動計画を立てていきます。


【ネットワークビジネス新人研修、NDT】
1.登録する
2.ブランドチェンジする
3.目的と目標を明確にする
4.トレーニングを受ける
5.リストアップする
6.準備する
7.行動計画を立てる


今日は、ネットワークビジネス新人研修、NDTについてお話してきました。以下の7つのステップを参考にしてあなたのネットワークビジネスもスムーズにスタートしてください。



無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ