成功するプレゼン(2)問題意識

成功するプレゼン(2)問題意識

成功するプレゼンテーションの2番目のステップは問題意識です。

問題意識にも、テーマとコツがあります。

テーマは、「引き出す」です。

つまり、問題意識をこちらから与えるのではなくて、相手から引き出します。

相手の口から話してもらうようにするわけです。相手から話してもらうことによって、本当に相手は問題意識を感じるわけです。

結果的に、その問題を解決しようとするわけです。

ほとんどのディズトリビューター、営業マンは、相手の問題意識を無視して、利益や可能性を伝えるためのプレゼンテーションを始めてしまいます。

問題の解決策として、ネットワークビジネスのビジネスチャンスや高品質な製品を必要とします。問題意識を感じていなければ、解決策を必要と思いません。

普段は問題意識を感じていない相手に対して、質問などのコミュニケーション段を使って問題を意識してもらう。

これがステップ2の問題意識を引き出す、です。

コツは、質問です。

上手な質問をして、その答えとして相手から問題意識を引き出します。

例えばこうです。

「○○さんの勤めている会社は、大きくて安定していそうだし、今みたく経済的に不安定でも収入は高く安定しているんでしょうね?」

そうすると、たいていの人は、

「いえいえ、そんなでもないんですよ」と答えます。

「そうなんですよ」と答える人はまずいません。

それじゃとばかり、すぐにビジネスの提案をするのではなくて、このようなやり取りを何度かします。

「私の会社なんか、業績悪くてボーナスが出ないから住宅ローンの支払いが大変です。もう1つ仕事を見つけて始めたんですよ」

「面白そうですね、どんな仕事ですか?」

「またまた、○○さん、冷やかしはやめてくださいよ。○○さんには必要ないですよね」

「いや、実はそうでもなくて、最近何かできる副業がないか探していたところなんですよ」

「本当に、興味があります?」

「ええ」

「でしたら、もし・・・」

と続けます。

こんなふうに、1回ですぐに「こんなビジネスがあるんです。どうですか?」と話さないで、何度かやり取りして相手の本気度を確認します。

質問と確認が問題意識を引き出すコツになります。

この問題意識を引き出すのは、すぐにうまくできないかもしれません。仲間と一緒にロールプレイのトレーニングをして、現場の場数を増やしてください。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ