ネットワークビジネスの収入増で会社を辞めると言ったら家族が反対

ネットワークビジネスでよくある質問と回答の質問7
「ネットワークビジネスからの収入がある程度増えてきたので会社を辞めると妻に伝えたら大反対された。」

ネットワークビジネスをやっていらっしゃる理由が、権利的収入を得てそこから生活をして色んな目標、夢を叶えていけたら、もう会社に勤めている理由がなくなってくるので、会社を辞めるということが目的の一つでネットワークビジネスをはじめる方も多いと思います。私もそうでした。

ただ、そのあたりの男の目的と、奥様のほうの考えは違う場合があります。これは賛成してくれる奥様もいらっしゃれば、この方の場合は大反対ということで、これは非常に難しい問題ですね。

これは奥様とよく話し合ったほうがいいです。何で反対なのかという理由をよくお聞きになって、よくヒアリングというかよく聞いて、解決しなくても賛成してくれなかったとしても、その理由をとにかく徹底的にまず聞きましょう。

そして、あなたがなぜ会社を辞めたいのかということも、なるべく分かってもらえるようにお互い話して欲しいのです。あなた自身も、なぜ会社を辞めたいのかという理由をご自身でももっともっと掘り下げていって欲しいのです。

例えば、残業して毎日家に帰って来るのが遅くて、小さいお子さんがいらっしゃったとしても子供の寝顔しか見られない、夜遅く残業するのは嫌だから会社を辞めたいとか、何か色んな理由があるとは思います。そのあたりをよくご自身で考えて頂いて、そういった話を奥様に伝えて欲しいのです。

例えば、会社を辞めたい理由をあなた自身が掘り下げてみて、実は会社を辞めたいというのは方法の一つで、本当に改善したいことは、さきほどのお子さんの帰りが遅くてお子さんの寝顔しか見られていないということであれば、会社、上司と交渉して「これだけのことをやるから定時で帰ります」ということができるかもしれません。

実際、私は似たような経験があります。私の場合、土日休みの仕事が当たり前の世の中で、日曜日しか休みがない会社に勤めていたのですが、土曜日休みにしてくれと、給料を減らしてもいいからと交渉して、土曜日自分だけ休みにしてもらったという経験があります。業界ではあり得ないと言われました。それだけ自分がその会社にとって必要だったのではないかと私は信じているのですが、これは分かりません。理由を掘り下げることで、選択肢が増えたということです。土曜日休めないから会社を辞めるという選択肢ではなくて、土曜日を休みにしてもらうという選択肢もあるわけですね。

ですから、ご自身でも理由を掘り下げて頂いて、奥様の反対する理由も掘り下げて聞いて、どこかで擦り合わせることができないかという可能性を考えて欲しいのです。こちらは会社を辞めたい!会社を辞めるのは大反対!のままでは、絶対に歩み寄れませんし平行線です。

私も大好きな「7つの習慣」というビジネス書があるのですが、その習慣の中に「第三案を考える」というものがあります。第三案、自分の案でもない相手の案でもない第三案がある可能性を考えることなのです。これはとても大好きな考え方です。第三案はないかもしれない。そんなお互いの案が歩み寄るようなアイデアなんて無いかもしれないけれどあるかもしれないという、可能性でお互い歩み寄って考える。という姿勢が僕は大事だと思っています。ということで、ぜひトライして頂ければと思います。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ