ネットワークビジネスで声をかける時にたどたどしくなってしまう

ネットワークビジネスでよくある質問と回答の質問24
「声をかけたいのに、いざ声をかけるとなるとたどたどしくなってしまって、結局伝わらず終わってしまうことが多いのが難点です。」

声をかけたいのに、いざ声をかけるとなるとたどたどしくなってしまい、結局伝えられないのですね。声をかける時のコツは、声をかける時の最初の言葉を、具体的に準備しておくということです。声をかけたい時は、最初に声をかける時の言葉を具体的にいくつかパターンを自分で決めて準備をしておくということです。

今回いただいた質問のシチュエーションが、その声をかけたい相手が知り合いなのか知らない人なのかということが書いてないので、ここは分からないですが、例えば私がよくやっていたのは知らない人に声をかけていくということです。インターネットを活用してネットワークビジネスに興味がある人と知り合うということもやってきましたが、知らない人にリアルで会って声をかけていくということにも、ものすごくこだわってやってきました。

最初は全然できなかったのです。この方と同じような状況で、最初は全然声をかけられなかったんです。結局声をかけずに終わってしまうということが、私も最初は多かったのですが、どうやったら知らない人に声をかけることができるのかということを研究というと大げさですが、考えて実践して結果を見てうまくいかなかったらまた考えて、ということを繰り返しやってきた中で段々声をかけられるようになっていきました。

一番最初に気がついたのが、声をかける最初の言葉をあらかじめ準備しておくということです。例えば私の場合は、スポーツクラブで長い期間運動をしているので、そのスポーツクラブで一緒に運動をしている人に声をかける。その時にどういう声をかけるのかということを考えます。「そのウェアすごい素敵ですね。前から気になっていたんですよ。」のように何か褒めたりしながらとか、「運動の姿勢がすごくキレイですね。前に何かスポーツをやっていたんですか?」とか、そういうセリフ、具体的なトークを準備しておくとすごい声をかけやすいです。

ここは知らない人に声をかけるのか、知り合いに声をかけるのかちょっと分からないですが、具体的にシチュエーションやパターンに合わせた言葉をぜひ準備してみてください。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ