ネットワークビジネスをねずみ講と言われます。何て答えますか?

ネットワークビジネスでよくある質問と回答の質問37
「ねずみ講の仕事をしていると何度も言われると、もう説得する気にもなりません。何と答えるのが良いのでしょうか。男性にこの意見が多いです。」

ネットワークビジネスをやっている私たちにとって見たら、ネットワークビジネスがねずみ講であるはずがないです。なぜかと言うと、ねずみ講というのは法律で禁止されていますから、やっていたら捕まります。相手がねずみ講の仕事をしているんだろうとネガティブ的に発言をするのには理由がありますし、そういう人は若い方は少ないですが40代、50代60代という方には多いと思います。

ただ、ねずみ講の仕事だろうとネガティブな意見をぶつけてくる人と戦っても、ここに説得と書いてありますが、建設的ではないです。説得して説得できるものかといえばできないと思います。

ただ、ここで考えていただきたいのは、相手がねずみ講のはずがないのにねずみ講と言ってきているその言葉の心理的な理由というのがあります。なぜ相手がネットワークビジネスのことをねずみ講、つまり近寄りたくない、良くないビジネスというイメージを持ってしまうのか、その理由があります。

その理由というのは、たいていは過去の見てきたもの、経験してきたものです。例えば、その方が友達に無理やりネットワークビジネスに誘われて嫌な思いをしているとか、友達や親戚がネットワークビジネスをやっていてうまくいかなくて借金を抱えて嫌な思いをして大変な目に遭っているのを見ているとか、週刊誌で叩かれているのを見て真に受けて信じてしまっているとかです。

そういう過去の経験、見てきたことで悪いイメージを植え付けられてしまっている可能性が高いです。ですから、その部分まで掘り下げていって対応しないと、説得はたぶんできないと思います。あまりネガティブなイメージが強い人には、逆に「そうだったんだね。ごめんね。」であっさりそこで伝えるのを止めてしまうということも必要です。

説得ではないですが、ねずみ講と言った言葉の理由を掘り下げていって、先ほどのネガティブな経験とかまで掘り下げていって対応していくというやり方があります。これも「成功するプレゼンテーションスキル」や「成功する伝え方プレゼン5ステップ」というところでやり方を詳しく解説させていただいているので、そちらの教材は有料になってしまいますが、さらにこの辺を掘り下げていきたいという興味のある方はそちらをチェックしていただければいいかなと思います。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ