ネットワークビジネスで節税対策も必要かと思いますが

ネットワークビジネスでよくある質問と回答の質問57
「稼げるまでは出費ばかりで、これも先行投資として理解していますが、節税対策も必要だと思うのですが、如何お考えでしょうか?アドバイス頂ければ幸いです。」

ネットワークビジネスは働いたら働いた分収入が頂けるという仕組みではなく、最初の頃は出費ばかりで収入も少なく先行投資と考える部分が非常に多いです。それは交通費、ミーティングに使うお店のお茶代、イベント参加費、トレーニング参加費、セミナー参加費などそういったものを含めて出費が多いと思います。

このご質問をされている方の通り、確かに先行投資と理解されるのが良いと思います。それらを全て経費として計上してぜひ節税対策にしてください。

例えば、どこかの会社から給与を頂いている給与所得者の方であれば、ネットワークビジネスから頂けた副収入が年間20万円以下の場合は申告しなくてよいという特例があります。例えば経費で交通費やお茶代、トレーニング参加費、イベント参加費などに年間結構かかっているとします。ネットワークビジネスからの収入を年間40万円仮に頂いたとして、そういった経費が諸々含めて年間21万円かかり、実際に残った利益が年間19万円だった場合、会社にお勤めされている給与所得者であればその19万円分の利益は申告しなくてよいということになりますので、なるべく経費として扱われるものは経費を計上して節税していただければいいかなと思います。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ