ネットワークビジネスを障害者を対象とするのは法律違反ですか?

ネットワークビジネスでよくある質問と回答の質問60
「私、ネットワークビジネスは、何かの理由で仕事ができない人のために存在するのではないか、ということです。そして、一つのネットワークビジネスを推奨する対象として、障がい者を検討しています。ただ、私、法律的なことには疎いので教えてほしいのですが、障がい者を対象とするのは法律違反でしょうか?」

正直申しまして、私も法律的なことは専門家ではないので詳しいことは分からないです。私が今まで見てきた中での経験でお話すると、その通りだと思います。ネットワークビジネスというのは、場所と時間に囚われない場合が多いビジネスですので、また、学歴や年齢、性別も一切関係ないという自由度がありますので、障がい者の方にも取り組みやすいビジネスの一つだと私は思います。

実際に私がビジネス活動の中で知り合った他のネットワークビジネスをやってらっしゃるリーダーの方と知り合いになったのですが、その方は障害を持たれている方でした。障害を持たれている方でも、違うネットワークビジネスだったのですが、一生懸命やってらっしゃって素晴らしいなと思いましたので、このご質問はまさにその通りです。

そういった方でも割と平等に取り組めるビジネスの一つということで、非常に良いのではないかなと思っています。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ