挫折した理由2

2.やめる理由

1回目に挫折した理由

自分なりに過去2回挫折した理由を考えてみました。挫折した理由は、1回目と2回目は多少違います。

1回目の挫折理由は、会社選びで失敗したと思います。

1回目のネットワークビジネスを挑戦したときは、知人からのお誘いでそのネットワークビジネスのことを知りました。

ネットワークビジネスは口コミのビジネスですから、たいていの場合は友人や家族からその情報が伝わってきます。ですから、自分でネットワークビジネスの会社を選んだわけではありません。

ネットワークビジネスをやっている方のほとんどがこんな形で情報が伝わってくると思います。

たまたま知り合いから情報が伝わってきて、ビジネスチャンスを感じたからビジネスに参入する。とか、たまたま知り合いから情報が伝わってきて、製品が気に入ったから愛用者になってその後ビジネスを始める。という人が多いと思います。

そうすると、本当にその会社でいいのか?本当にその製品を扱っていいのか?冷静な判断ができないまま流されてビジネスをスタートすることになってしまうのです。

たまたま誘われてスタートしたネットワークビジネスの会社が実績も将来性もある会社だったらラッキーなのですが、逆に新しい会社で実績もこれからの会社だとどうでしょう?

その会社が当たれば凄いことになるかもしれませんが、たいていの会社は運用がうまくいかなくて消えているようです。


会社選びで失敗したと思った理由は、高額の耐久品を売り歩いてしまったからです。代理店になるための決められた流通を手取り早く作るためにポイントも高い高額の製品をメインに扱ってしまったのです。

高額の耐久品は一度買えば一生ものです。同じ人が毎月繰り返し買ってくれるわけではありません。

物売り、セールスのプロでないので、高額の製品を買ってくれる人をどんどん見つけて売り歩くのはほぼ不可能です。

親戚や友人に一通り売り歩いて、ある時気づきました。「これって売り歩く仕事なの?」こんな仕事はできないと思いすぐに辞めました。

この経験で気づいたことは、自分を含めてこれから伝えていく人たちがもしセールスのプロじゃなくても成果がだせるような会社、製品を選ばなくてもならない。

そういう製品は、高額の耐久品ではなくて、その逆のもの。人間であれば誰もが使う日用品で消耗品でこだわりのあるものがベストだと。一度伝えて試してもらって気に入ってもらったらリピートしてもらう。

・日用品
・消耗品
・こだわりのある

この3つの条件がすべてそろっている製品を扱うことが重要なんだということがわかりました。会社選びは、創業者の理念も大事ですが、プラスして製品コンセプトを確認することが重要です。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ