挫折した理由3

3やめる理由
2回目に挫折した理由

2回目のネットワークビジネスの挫折した理由を考えてみました。

1回目の挫折の理由は会社選び、製品選びで失敗しました。この失敗経験を活かしてそうならないようにしなくてはなりません。

たまたま、尊敬する経営者の方からの情報でしたらか話をきちんと聞きました。お話をじっくり聞くと、1回目の失敗の会社のような製品コンセプトとはまったく違いました。

違うどころか、1回目の失敗経験より気づいた製品コンセプトの

・日用品
・消耗品
・こだわり

以上の3つの条件がきちんと整っている製品コンセプトの会社でした。こんな偶然はありません。そう思ってすぐにビジネスをスタートしました。

はりきってビジネスをスタートしたところ、わざが4ヶ月で止めてしまいました。また挫折してしまったのです。

だいぶ前のことなのです、挫折した理由をよく思い出してみました。

理由は、グループ選びです。

2回目に携わったネットワークビジネスの会社もとても大きい会社です。大きいのでグループが無数にあります。たまたま尊敬していた経営者さんから情報でしたので、グループはその尊敬する経営者さんが活動しているグループになります。

問題はそのグループのリーダーの考え方とトレーニングの方向性です。

大きいネットワークビジネスの会社ですとグループがたくさんあります。グループの数だけリーダーがいます。各グループの方向性やトレーニングの内容は、そのグループのリーダーの考え方一つで決まります。たいていは「私はこの考え方、やり方で成功しました。だからみなさんも真似して私と同じ考え方、やり方でやったほうが成功の近道です」よく言う「成功者の真似をしろ」というわけです。

尊敬する経営者さんが参加していたグループのリーダーの考え方は、確かに素晴らしいものもありました。例えばトレーニングに力を入れていました。定期的に毎週のようにいろいろな種類のトレーニングを開催しています。

いつでもトレーニングを受けることができる環境。それは素晴らしかったのですが、トレーニングの内容が「物売り」が中心だったのです。ネットワークビジネスはビジネスですから、確かにモノを流通させなくてはなりません。でも、モノをたくさん早く売るためのトレーングばかりでは、物売り、セールスマン、自営業者(金持ち父さんで言うところのSクワドラント)になってしまいます。

実際に2回目のチャレンジの時にやっていたことは、友達や親せきの家に行って高品質な日用品の説明やデモンストレーションをやっていました。わかりやすくいうと石鹸、シャンプー売りになっていたんです。

ある時思いました。「自分のやっていること、違うな」

僕が目指しているのは、経済的自由を手に入れて理想のライフスタイルを手に入れることです。(金持ち父さん的には、Bクワドラントになることです。)物売り、セールスマンになることではありません。

2回目の経験で気づいたことは、ネットワークビジネスを挑戦するときには、きちんと自分の方向、ゴールを決めて、そのゴールを目指せる環境に入ることが大事なんだ、ということです。

無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ

短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法
マニュアル 本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。

マニュアルをダウンロード

ページの先頭へ